作品詳細

ポイントOK

じぱんぐ!(2) ワニたちに明日はない

あの夏の事件から数週間、鷹彦は平穏な生活を……ぜんぜん送れないでいた。新聞部の名物娘・鬼瓦くるみちゃんが何を嗅ぎつけたのか、鷹彦にしつこくしつこくつきまとっていたのだ。そんな折、鷹彦の元に従兄の勧仁から連絡が入った。天国に帰ったはずのテンテンが、伊豆熱川のバナナワニ園に現れたという。「さ、行きましょう!」すっかりついて行く気のくるみちゃんに溜め息をつくしかない気弱な鷹彦。ところが彼の行く手には、さらに困ったモノたちが待ち受けていたのだった! ドタバタ痛快伝奇アクション、第2弾。●加門七海(かもん・ななみ)東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。


シリーズ

著者名:
加門七海
出版社:
アドレナライズ
掲載誌:
--
賞:
--
発売日:
2017/12/29
原本公開日:
--
レビュー
  • 平均評価 0.0 点 /
  • レビュー数 0件
  • 並び順:
  • 更新順

じぱんぐ!(2) ワニたちに明日はないを読んだ人はこんな作品も読んでいます