作品詳細

ポイントOK

死の影を追って

夢だ。ただの夢だ。人間など、いるはずがない。声など、聞こえるはずがない。馬鹿げているとは思ったが、忍び泣きがあまりに深刻なので、恩田は大真面目に問い掛けていた。……しくしく、しくしく、しくしく……忍び泣きの裏から、かすかに言葉が聞こえた。優しい、か細い、女の声だった。「……迎えに来て……迎えに来て……迎えに来て……」(「死の影を追って」より) 鬼才・友成純一による電子オリジナル短編集。雑誌「SFアドベンチャー」に掲載された連作短編「死の影を追って」~「鏡の魔術」~「黄昏の荒野にて」など、計6本を収録。巻末には「電子版あとがき」を収録。*泡沫の夢*恐竜のいる風景*お伽の島にて*死の影を追って*鏡の魔術*黄昏の荒野にて●友成純一(ともなり・じゅんいち)1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。


同じ著者の本

著者名:
友成純一
出版社:
アドレナライズ
掲載誌:
--
賞:
--
発売日:
2018/04/20
原本公開日:
--
レビュー
  • 平均評価 0.0 点 /
  • レビュー数 0件
  • 並び順:
  • 更新順

死の影を追ってを読んだ人はこんな作品も読んでいます