作品詳細

ポイントOK

老いと死 老人は諦観を持て

避けられない老年期、やがて来る死。人間は現在以上に長寿である必要は無く、時が来たならば、老人は死んでよいのである。その死が人よりも早かろうが遅かろうが、その人にとって納得のゆく死であり、さらに他者にも死の意味が理解されたならば、相応しい時の相応しい死、それこそが真に自由な死と言えるのではないだろうか……。「一億総老人時代」の現代に、老人の新たな「生き方」と「死に方」を提言する。


同じ著者の本

著者名:
網野皓之
出版社:
幻冬舎メディアコンサルティング
掲載誌:
--
賞:
--
発売日:
2018/11/29
原本公開日:
2018/10/02
レビュー
  • 平均評価 0.0 点 /
  • レビュー数 0件
  • 並び順:
  • 更新順

老いと死 老人は諦観を持てを読んだ人はこんな作品も読んでいます