作品詳細

ポイントOK

なるほどナットク!幕末維新126のエピソード

・江戸時代末期の天保生まれに見る倒幕の志士たちは、いわば団塊の世代である。・頑張る、努力する、といったフレーズだけでは事をなしえない。ちょっと視点を変えてみると道が開ける。志士たちに見る成功の法則。・仕事は自分一人で頑張るのではなく、少し余白を残して、その後は他人に仕事を与えるのが、良い成果をあげていく。・二つの倒幕運動を見ていると、仕事に良い成果をもたらすには、ひとりで頑張らないのが良い。その事実がわかってくる。・仕事の意思決定は、立体的に役割分担を敷いて、進めるのが良い。出版社からのコメント・この本はすべて短編で構成されています。どのページからも入れて、面白くタメになるひと時を楽しめます。エピソード集ですから難しくはありません。楽しんで、寝転んで、読んでみてください。文字だけの本ですが、読者の皆様には、幕末当時の画像を想像していただけるように、編集しました。著者紹介山口県生まれ。先祖は広島の安芸郡。評論家。早稲田大学を経てアガリ総合研究所の設立に参加。書籍編集局長。駿台予備学校及び河合塾の元講師。著書多数。


同じ著者の本

著者名:
高杉俊一郎
出版社:
アガリ総合研究所
掲載誌:
--
賞:
--
発売日:
2019/01/11
原本公開日:
--
レビュー
  • 平均評価 0.0 点 /
  • レビュー数 0件
  • 並び順:
  • 更新順

なるほどナットク!幕末維新126のエピソードを読んだ人はこんな作品も読んでいます